乾燥性敏感肌の特徴を洗いざらい調べてみた!

乾燥していると、お肌が敏感になってしまいます。

 

乾燥性敏感肌といわれるものがあるのですが、実際にどんな特徴を持っているのでしょうか。

 

こちらでは詳しく解説させてもらいます。

 

乾燥肌であり、しかも敏感肌でもある、といった方は是非チェックしていってくださいね。

 

 

■乾燥性敏感肌になってしまうメカニズムとは?

 

・肌の保護機能がなくなってしまっている

 

お肌は、一般的に皮脂によってコーティングされ守られているのです。

 

肌に直接的な刺激があっても、皮脂があれば、ある程度のものには対処できます。

 

要は、肌が傷つきにくい状態になるのです。

 

その皮脂の量が足りなくなってしまうのが乾燥肌になります。

 

皮脂がある肌は守られているわけですが、皮脂がない肌は全くバリア機能がありません。

 

様々な刺激に弱い状態となってしまいます。

 

バリア機能がない肌に、刺激があるとすぐに炎症が起きてしまいます。

 

これが敏感肌なのです。

 

他にも、痒みや肌荒れといったトラブルを引き起こすこともあり、美肌を目指すカチャにとっては、大敵と言っても良い存在です。

 

ただし、乾燥性敏感肌は治せないわけではありません。

 

対策方法もいくつかあるので、そちらについてもお話します。

 

 

■乾燥性敏感肌を治す方法とは?〜対策方法を一挙公開〜

 

・セラミドを徹底的に補うこと

 

お肌に水分を確保するのがセラミドであり、それが減少することによって乾燥肌が起きてしまいます。

 

セラミドを補ってやることが出来れば、乾燥肌は大幅に改善します。

 

敏感肌になるリスクも大きく低減できるのです。

 

セラミドに関しては、多くの化粧品にも含まれ始めており摂取はしやすくなっています。

 

しかし、普通にお肌につけているだけでは浸透しないともいわれています。

 

イオン導入といったタイプの美顔器も登場しており、併用することでセラミドの補給がかなりしやすくなるのでお勧めですよ。

 

・肌質にあった化粧品を利用すること

 

肌質に合わない化粧品を使うことで、乾燥肌を悪化させてしまうケース、敏感肌を加速させてシアムケースが有ります。

 

特に、ヒリヒリと感じてしまうタイプの化粧品は絶対に利用しないでください。

 

低刺激のタイプの化粧品を使うのもお勧めです。

 

刺激の強い化粧品を繰り返し利用してしまうと、どんどんと敏感肌を悪化させてしまいます。

 

しまいには、化粧品によって肌に炎症が起こり始めてしまうかもしれません。

 

化粧品とうまく付き合っていくのも乾燥性敏感肌対策となるのです。




注目の人気記事@今、実力のある乾燥肌化粧品を実際使ってみた使用感レビュー↓↓