口から入るもので保湿対策!乾燥肌に効く食べ物とは?

美容に大きく関わってくるのが食べ物です。

 

どんなものを食べるかでも、乾燥肌になるか、それとも健康的な肌になるかが変わってくるのです。

 

こちらでは、保湿対策にもなる食べ物を幾つか紹介します。

 

少しでも美容効果のある食生活をしたい、と思っている方には必見のテーマです。

 

 

■セラミドを含んだ食べ物を積極的に摂取しよう

 

【セラミドを豊富に含んでいる食材例】
・大豆
・玄米
・小麦
・ヨーグルト
・ほうれん草など

 

セラミドはお肌の中にもある物質であり、保湿機能に大きな役割を果たしています。

 

特に保水機能が最強とも言われており、これが足りなくなってくると、乾燥肌になってしまうのです。

 

セラミドは加齢によっても減りますし、高温のお風呂にはいることでも減耗してしまいます。

 

定期的に食品で補ってやることが大事なので、上記の食品はなるべく食べましょう。

 

ただ、炭水化物にも含まれているので、思ったよりも摂取するのは楽な成分かもしれません。

 

ちなみに、お米から玄米に変えてみると効率的ですよ。

 

しかも、玄米にはセラミド以外にもビタミンBなど健康成分が多数含まれている、といったおまけ付きです。

 

 

■ビタミンAを含んだチャベもオンを積極的に摂取しよう

 

【ビタミンAが効率的に摂取できる食材例】
・鶏のレバー
・豚のレバー
・肝油
・にんじん
・かぼちゃ
・ほうれん草
・ノリ
・ワカメ
・たまご
・うなぎ
・牛乳
・チーズ
・バターなど

 

様々な食材から豊富に摂取できるのが分かってもらえたと思います。

 

特に注目して欲しいのが乳製品です。

 

飲み物からおつまみ、そして主食のお供にもなるものから摂取できるわけです。

 

ビタミンAに関しては、皮膚や粘膜の潤いに係る機能があります。

 

潤いが維持されるような効果を持っているので、積極的な摂取がおすすめです。

 

しかも、ビタミンAのすごいところはそれだけではなく、新陳代謝の活性化機能まであるのです。

 

新陳代謝が活性化することで、健康的な肌が生まれます。

 

健康的な肌の保湿機能はかなり高いです。

 

 

■サプリメントでの摂取は効果がないのか?

 

・効果は期待できる

 

食品で摂取するのはかなり不安定なので、サプリメントで摂取してしまう方法もあります。

 

毎日決まった量を確実に取れるので、美容的な効果はかなり期待できます。

 

しかし、飲み方によっては効果を薄めてしまうかもしれません。

 

なるべく食後に飲むようにして、吸収力が高い時に利用するのがお勧めですよ。

 

食前は吸収力が弱いので、大きな効果は得られにくいです。




注目の人気記事@今、実力のある乾燥肌化粧品を実際使ってみた使用感レビュー↓↓