毎日のスキンケアに保湿クリームを!美しい素肌へ

女性はもちろん、最近では男性の中でも毎日のスキンケアをきちんと行っている…という方がとても多くなっています。

 

それゆえにたくさんの保湿グッズが登場していて、ドラッグストアなどにいくとどれを選んだら良いの?と悩んでしまうほど。

 

「保湿」と書かれたスキンケアアイテムはたくさんありますが、本当にどれもちゃんと保湿ができるものなんでしょうか。

 

保湿化粧水、保湿クリーム、保湿成分配合…などたくさん気になるワードが散りばめられていると思いますが、そもそも保湿というのは水分をただ浸透させたり与えるのではなく、それをキープすることを指します。

 

つまり、化粧水などで一時的に水分を補給してあげたあとに、その水分がしっかり肌の中で留まり続けるかどうかが、うるおいのカギとなります。

 

では、保湿化粧水の保湿力はどうでしょうか?

 

保湿化粧水というのは化粧水ですから、やはり水分を肌に補給してあげるということを目的に作られています。

 

しかし、化粧水を塗ったあとは一時的に肌がうるおっても、すぐに肌表面から水分が蒸発していってしまいます。

 

最近ではとろみのある化粧水もたくさん販売されていて、これなら水分もしっかりキープされそう…と思いますよね。

 

ですがやはり最も効果があるのは「保湿クリーム」を使うことです。

 

 

水分を保つ秘訣は、先ほど述べたように肌に与えた水分を蒸発させないことにあります。

 

水分を蒸発させないためにはどうしたら良いか、それは肌にフタをしてあげることで解決します。

 

水分を蒸発させないためには油分が必要になってくるので、油分を含む乳液やクリームといったアイテムを使うことをおススメします。

 

一般的なスキンケアの方法として、まず化粧水を使ってから乳液、美容液、クリーム…という順番でアイテムを使っていくというのは、このような理由があったんですね。

 

ですから、保湿成分や油分がたっぷりと含まれた保湿クリームをスキンケアの最後に使うことで、化粧水を使ったときに浸透した水分をそのまま閉じ込めることができます。

 

また、保湿クリームの中に入っている美容成分も一緒に閉じ込められますので、効果が持続。

 

朝起きたときに肌がもちもちしている!というのは、このためなんですね。

 

ですから、肌に水分をたっぷり与えてあげることはもちろん、仕上げもきちんと行っておかないとせっかく補給した水分が失われてしまうため、

 

うるおいのある肌を作るには保湿クリームがマストアイテムというわけなんです。

 

こっくりとした保湿クリームはもちろん、ベタつくのが苦手…という方についてはさらっとした使い心地の物も増えていますので、自分の使いやすいタイプを探してみてくださいね。




注目の人気記事@今、実力のある乾燥肌化粧品を実際使ってみた使用感レビュー↓↓