毎日のスキンケアで乾燥肌を治すことができる!

みなさんは自分の肌質がどんなものかを理解しているでしょうか?

 

肌質は大きく分けて4種類あると言われています。

 

 

■普通肌
肌質の中でもっとも理想的だと言われていて、肌の水分・油分のバランスがちょうど良いタイプです。

 

空気が乾燥していたり、食生活などの乱れによってそのバランスが崩れてしまうこともありますが、一時的なことが多いようです。

 

 

■混合肌
Tゾーンだけテカテカなのに、皮膚の薄い口もとは乾燥している…など、両極端な状態が混在しているタイプです。

 

 

■脂性肌
ニキビができやすい肌と言われていて、皮脂の分泌が多めになっています。

 

そのためこまめにケアを行わないと皮脂が毛穴に詰まってしまうため、ニキビになりやすいのです。

 

 

■乾燥肌
そして、この乾燥肌。

 

 

肌の水分量はもちろんですが、皮脂量も極端に少ないという状態になっているのが特徴です。

 

お風呂上りや洗顔後にすぐつっぱるような感覚になったり、肌が常にカサカサしてしまっている状態です。

 

 

このやっかいな乾燥肌ですが、ものすごく多い肌タイプだと言われています。

 

乾燥肌の方、毎日どのようなスキンケアを行っているでしょうか?

 

なかなかカサカサ感が消えなかったり、うるおいをキープしづらかったり…乾燥肌ならではの悩みというのは、たくさんあると思います。

 

ですが、この乾燥肌はなんとスキンケアで変わることができるといいます。

 

乾燥を防ぐためのスキンケアといえば、まずは保湿。

 

しかし、本当の意味で保湿をきちんとできている方は少ないんです。

 

多くの方はパシャパシャと化粧水を塗って、これでもか!というほど保湿をしているように見えます。

 

ですが、この方法だと水分を与えたとしても一時的なもので、長時間うるおいをキープさせることにはつながらないんです。

 

ですから、このときに水分と一緒に「水分をキープしてくれる成分」を肌に送り込むことでこの問題は解消されます。

 

乾燥肌の人は水分を溜め込むことが難しいので、たとえば「ヒアルロン酸」や「セラミド」といった、肌に水分をたっぷりと抱え込んでくれる成分を一緒に与えてあげましょう。

 

特にセラミドは、細胞と細胞をつなぐ役目のある接着剤のような働きをもった存在。

 

つまり、肌の表面をきめ細かく保つこともできますし、保湿効果もバッチリだということなんですね。

 

ただ単に化粧水を使うときに比べると、長時間水分をキープすることができますので、さらに仕上げにフタの役目としてしっかり油分を与えましょう。

 

このスキンケアを続けることによって、だんだんと肌の中で水分をキープしやすい肌質へと変わってくるでしょう。




注目の人気記事@今、実力のある乾燥肌化粧品を実際使ってみた使用感レビュー↓↓