乾燥肌を緩和できるおススメの食べ物って?

私たちの体というのは、食べたものによって作られていきます。

 

自分の好きなものを好きなだけ食べる…というのはもちろんなのですが、体のことを気遣っていろいろな成分を体に取り込みたいものですよね。

 

私たちは食べ物からさまざまな成分を得て、健康な体つくりをしています。

 

つまり、体のトラブルなどが起きてしまった場合には食べ物によって解消することもできますし、また食べ物の栄養分によって予防も行うことができるということです。

 

野菜や果物などに含まれるビタミンや食物繊維などの成分は、健康な体つくりをする上で必要不可欠な成分ですよね。

 

体の内側はもちろんですが、肌の健康についても食べ物でトラブルを解消することができます。

 

肌を健やかに保つ仕組みを知っておけば、どのような成分を含む食べ物を摂取すれば良いかもわかりますし、肌トラブルに合わせた成分を摂取することができます。

 

 

特に肌トラブルの中でも多いのが、乾燥肌。

 

乾燥肌というのは肌の水分が減ってしまっているだけでなく、肌をコーティングして水分を蒸発させないようにする油分も少ない状態です。

 

肌が乾燥すると、シワやくすみなどのトラブルのほか、まったく関係ないように思えるニキビまでもができやすくなってしまうなど、非常にやっかいなことに。

 

肌のケアをする際には美容成分などをたっぷり補給してあげるのはもちろんですが、やはり水分をしっかり補ってあげることが大切なんです。

 

そんな肌トラブルのもとである乾燥肌ですが、どんな食べ物で改善することができるのでしょうか?

 

 

■ビタミン類

 

体の内側はもちろん、肌にとってなくてはならないのがビタミンです。

 

特にビタミンCやビタミンEは「抗酸化作用」のあるビタミンたちで、その働きは肌の老化を防いでくれたり、シミの原因となるメラニンに直接働きかけてくれる効果があります。

 

また、ビタミンEは肌の新陳代謝、すなわち細胞の生まれ変わりを促してくれるという効果も持っていて、肌にとって非常に嬉しい成分となっているんです。

 

これらが多く含まれている食材としては、ビタミンCならパプリカやパセリ、レモンなどが有名なところ。

 

ビタミンEならナッツやアーモンド、また多くの女性が好むアボカドなどにもたくさん含まれています。

 

 

 

■コラーゲン

 

言わずと知れた美肌成分。

 

鶏肉やぷるぷるとした食感のものに多く含まれているコラーゲンですが、もとはたんぱく質。

 

なので鶏肉を食べても体の中でたんぱく質に分解されてしまいます。

 

が、たんぱく質は肌を作る成分であるとともに「天然保湿因子」という、肌の乾燥を防いでくれる効果をもつ成分のもとになります。

 

つまり、天然保湿因子が皮膚の中で少なくなってしまうと、肌がキープできる水分量も減ってしまうということ。

 

コラーゲンはもちろん、良質なたんぱく質を摂ると良いということになります。

 

コラーゲンを多く含むものとして、やはり先ほどにも挙げた鶏肉がおススメですが、牛の軟骨や魚の皮の部分、すっぽんやうなぎなどにもたくさん含まれています。

 

これらの食材を多く使う中華料理などはコラーゲンを摂取しやすい料理ではないでしょうか。




注目の人気記事@今、実力のある乾燥肌化粧品を実際使ってみた使用感レビュー↓↓