乾燥肌からうるおいのあるぷるぷる肌に変わるには?

ぷるぷるとした弾力のある肌…とってもきれいで思わず触りたくなってしまいますよね。

 

特に、赤ちゃんのようなすべすべで美しい肌は男女問わず誰からも人気。

 

肌がきれいな人というのは人にも注目されますし、日々を若々しく過ごすことができる大きな自信にもつながるのではないでしょうか。

 

さて、そんなぷるぷる肌に誰もがなれたらいいなと思っているでしょう。

 

しかし、スキンケアをしっかり行っていても、どうしてもカサカサと肌が乾燥してしまってぷるぷる肌になれない…という方も少なくありません。

 

人にはそれぞれ肌質があって、乾燥しやすかったり、逆にベタベタと皮脂がたくさん分泌されやすかったり、

 

おでこや鼻などその部分によってベタついたり乾燥しやすかったり…など、混合的な肌質の方もいらっしゃいます。

 

自分がどんな肌質かを理解してスキンケアを行わないと、その効果も残念ながら半減してしまうことも。

 

どんな肌質の方でも共通する基本的なスキンケアとしては、やはり保湿をしてあげること、にあります。

 

保湿をすることによって乾燥肌を改善させるのはもちろん、余分な皮脂を分泌させないよう肌をうるおわせるなど、さまざまな効果があります。

 

 

その中でも特に悩んでいる方が多いのが、乾燥肌の方です。

 

乾燥肌の方というのはその名の通り、肌の水分量が減ってしまい乾燥している状態です。

 

それだけでなく、肌のうるおいを保つための皮脂量も足りないということがひとつの原因になっています。

 

つまり、乾燥肌を改善させるためのスキンケアとしてはただ保湿をする…というだけでなく、適度な油分も一緒に補給してあげなければならないということです。

 

ですから、化粧水を使ったあとは乳液やクリームといった油分を一緒に使うというのは、このためなんですね。

 

また、スキンケアだけでなくたとえばお風呂の際にも一工夫することで、カサカサとした乾燥肌からうるおいのあるぷるぷる肌へとシフトすることができます。

 

たとえば、多くの方はお風呂に入ったあとのケアを重視するかと思いますが、実はお風呂に入る前のケアもとても大切なんです。

 

お風呂に入る前に、ボディオイルを全身につけてから入浴してみてください。

 

入浴しているときというのは、リラックス効果などはとても高いのですが、体の水分やミネラル分がどんどん流れていっている状態に。

 

しかし、オイルを塗って入浴すれば乾燥もしにくく、水分が流れにくい状態を作ることができるんです。

 

このように、毎日の生活の中で少し工夫すれば乾燥肌からぷるぷる肌を作ることができますね。




注目の人気記事@今、実力のある乾燥肌化粧品を実際使ってみた使用感レビュー↓↓