カサカサ肌でもニキビはできる?乾燥肌でもニキビができる原因

肌がどうにもカサカサと乾燥してしまう…

 

なのに、ニキビができてしまう!という不思議な状態になってしまっている方、多いんです。

 

ニキビができやすい肌というのは、一般的なイメージとしては皮脂や汗などで肌がベタベタとしている状態と思われますよね。

 

しかし、肌がカサカサと乾燥しやすいにも関わらずニキビがいっこうになくならない…という方は、要注意。

 

毛穴から何から、肌がとても弱ってしまっている状態だという可能性があるんです。

 

 

そもそもニキビができる原因としては、皮脂が詰まってしまうことにあります。

 

皮脂が毛穴に詰まることでその部分が硬くなり、そこへ皮脂を大好物とするアクネ菌という菌がやってきます。

 

アクネ菌が繁殖すると、私たちの体はアクネ菌を退治しようとするのですが、そこで周りの毛穴をも巻き込んだ戦いが起こってしまいます。

 

これによって肌は炎症を起こし、痛々しいニキビとなってしまうわけなんですね。

 

炎症がおさまったあとにニキビ跡がぽっかりと大きくできてしまうのは、この戦いによって毛穴がまるで削り取られてしまったような状態になるから。

 

通常のスキンケアでは治しにくいニキビ跡へと変わっていってしまうんですね。

 

さて、ニキビができるメカニズムはわかりましたが、やはりニキビができるのは皮脂でベタベタした人ではないのでしょうか?

 

 

肌が乾燥していてもニキビができる…という方は、まずもともと肌が皮脂をたくさん作らない状態だということになります。

 

皮脂というのは何もニキビができる原因だけではありません。

 

肌に含まれている水分というのは、フタなどをしなければそれだけ蒸発していってしまいますが、皮脂はそれをブロックしてくれるという働きをもっています。

 

つまり、皮脂が少ないという方はもともと水分が蒸発しやすい状態になっていて、水分が少ないせいで肌は硬くなりがちなんです。

 

ですから、肌が硬くなってしまったことで毛穴もきゅっと小さくなってしまうために、少しの皮脂でも毛穴が詰まりやすくなってしまい、ニキビが発生するんです。

 

これが、乾燥するのにニキビができてしまうという原因なんですね。

 

このニキビを解消するのには、言わずもがな保湿が大切です。

 

肌を乾燥させないようにするほか、硬くなった肌を水分補給して柔らかくしてあげるということが大切なんですね。

 

また、このタイプの方はただ保湿するだけでなく、水分・油分のどちらもバランス良く供給してあげることもポイントになってきますので、化粧水だけでなくちょっとこってりめのクリームでしっかり水分を逃さないようにしてみましょう。




注目の人気記事@今、実力のある乾燥肌化粧品を実際使ってみた使用感レビュー↓↓