なんとかしたい!カサカサに粉吹きした肌のための緊急スキンケア

特に口の周りや頬など皮脂腺が少ない部分は30代以降になると、ちょっと油断してお手入れをさぼったりすると、すぐに粉吹き肌になってしまうという人も多いと思います。

 

また生理前など、ホルモンバランスが乱れて肌が不安定になるとき、こんな風にカサカサ肌になってしまう…という場合もあるでしょう。

 

では、ここで粉吹き肌改善のためのスキンケアについて考えてみましょう。

 

 

【粉吹きの正体とは?】

 

肌が乾燥して、水分量が低下すると角質層の細胞間をつないでいるセラミドが不足し、角質細胞がめくれあがったような状態になり、はがれ落ちます。

 

これが粉吹きの正体です。

 

これは古くなった細胞がはがれ落ちるという正常な肌の新陳代謝機能ですが、肌が乾燥していたり、空気が乾燥する時期になると極端に目立つようになるのです。

 

皮膚が日々生まれ変わっているということが分かりますよね。

 

肌が粉吹き状態になって、角質細胞の間にすきまができると、肌を外部の刺激から守っているバリア機能が低下してしまいます。

 

すると、湿疹や皮膚炎などのかゆみを感じやすくなったり、炎症を起こしやすくなるため、粉吹き肌は早めにケアしてあげることが大切です。

 

 

【粉吹き肌になってしまったら?】

 

肌が乾燥してガサガサに粉を吹いている…。

 

そんなときはまず、肌に触らないようにすることが大切。

 

皮がむけたような状態になっていると、ついつい指ではがしたり、手で触れたくなりますが、これはかさぶたを無理やりはがすようなもの。

 

肌が切れることもあるので、絶対にNGです。

 

ミルクタイプのクレンジングや洗顔石鹸をしっかりと泡立てて、肌の上で転がすようにして洗顔します。

 

肌に直接触れないようにすること、ゴシゴシこすらないことがポイントです。

 

肌の角質を落とそうとして、目の粗いスクラブなどを使用したり、マッサージするのは厳禁です。

 

メイクをしていないときはぬるま湯か水で洗い流すだけで充分。

 

また1日家で過ごすときは洗顔しなくても大丈夫です。

 

洗顔後は肌に水分が残っているうちに、刺激の少ない化粧水で保湿しましょう。

 

セラミド配合の化粧水がオススメです。

 

保湿後はすぐにクリームで水分が蒸発しないようにフタをします。

 

もし化粧品を使って刺激を感じるようなことがあったら、使用はストップしましょう。

 

またカサカサに粉が吹いた状態かつ肌が赤く炎症しているような場合は保湿だけでは症状が改善しないこともあります。

 

かゆみや炎症がある場合は、まず皮膚科の診察を受けるようにしましょう。




注目の人気記事@今、実力のある乾燥肌化粧品を実際使ってみた使用感レビュー↓↓