潤しても潤しても乾いてしまう乾燥肌予防方法、対策は?

秋冬の空気が乾燥している季節になると、実感しやすくなる肌の乾燥。

 

放っておくとさまざまな肌トラブルを引き起こすだけではなく、肌老化のスピードを加速させてしまいます。

 

また肌のバリア機能も低下し、これまで使用していた化粧品が肌に合わないと感じるようになったり、ちょっとした刺激にかぶれることも。

 

健康で美しい肌をキープするには、まず乾燥肌を改善することが先決です。

 

ここで、肌の乾燥をふせぐ予防方法、乾燥肌対策について詳しく考えてみましょう。

 

 

【乾燥肌の予防はまず洗顔の見直しから!】

 

「肌の乾燥がなかなかおさまらない」

 

「潤しても潤しても肌が乾燥する」

 

こんな人に共通している間違ったスキンケアが洗顔のしすぎ。

 

肌のバリア機能を破壊する強力なオイルクレンジングでこすり洗いをした後に、さらに肌を乾燥させる泡洗顔でW洗顔…。

 

こんなケアをしていたら、いくら化粧水で潤いを与えても、肌はどんどん乾燥してしまいます。

 

肌の乾燥が気になる人にはオイルクレンジングはオススメできません。

 

W洗顔しないと洗った気がしない!という人は試しに数日間だけ、ミルクタイプやクリームタイプのクレンジングを使用してみてください。

 

あれっ?っと思うほど、肌が落ち着くのを実感できるはず。

 

新しくクレンジングを選ぶときにはW洗顔が必要のないものを選んでみてください。

 

最近は肌に優しい無添加のせっけんも増えていますよね。

 

こうしたせっけんの中には2度洗うことでクレンジングが不要というものもあります。

 

界面活性剤を使用していない分、洗浄力は弱めですが、肌に与えるダメージは少なくなります。

 

せっけん洗顔なんて肌が乾燥する!と方も多いと思いますが、最近は保湿成分を配合したものも多く、肌が乾燥しないように工夫して作られているものがほとんど。

 

オイルクレンジングよりは肌にずっと優しいと言えます。

 

 

【与えすぎのケアは禁物!肌を休ませてあげることも大切】

 

肌の乾燥が気になるから、乳液やクリームをたっぷり塗る…。

 

間違ったケアとは言い切れませんが、与えすぎのケアは肌そのものが持つ機能を低下させてしまうことがあります。

 

もともと私たちの肌には皮脂を分泌して肌を潤そうとする機能があります。

 

しかし、過剰なケアをしていると肌が「潤っているから、皮脂は出さなくていい!」と判断してしまい、自ら潤いを出さなくなってしまうのです。

 

週末や予定のない日はすっぴんで過ごしてみる、洗顔後、化粧水などの最低限のケアをして、肌が自ら潤う機能を高める…というように肌を甘やかさずに鍛えてあげるケアも時には必要でしょう。




注目の人気記事@今、実力のある乾燥肌化粧品を実際使ってみた使用感レビュー↓↓