乾燥に負けない肌作り

空気が乾燥してくる季節になると気になり始める、肌の乾燥。

 

30代以降の大人肌には特に厳しい季節といえます。

 

しかし、最近は1年中、空調の効いた空間で過ごすことも多く、見た目では分からないものの、内側から肌が乾燥しているということも少なくありません。

 

乾燥肌用のコスメでしっかりケアすることはもちろん、日ごろから乾燥に負けない肌作りを心がける必要もあります。

 

ここで、乾燥に負けない肌を作るためにできるちょっとした工夫をいくつかご紹介しましょう。

 

 

【ちょっとした習慣で差をつける保湿ケア】

 

暖房や冷房が効いた室内は気がつかない間に湿度が低下しているもの。

 

空気が乾燥しているな…と感じたら、加湿器を使用したり、室内に濡れたタオルを干すなどして、湿度を高める工夫をしてみましょう。

 

またお風呂に入るときは熱すぎるお湯は禁物。

 

また一番風呂はお湯がピリピリ感じて肌を乾燥させてしまうことがあるので、保湿効果のある入浴剤を使用するようにしましょう。

 

洗顔するときも、熱いお湯で洗顔すると皮脂を奪いすぎて肌をより乾燥させてしまうため、めるめのお湯で洗うことが大切です。

 

そして、肌が乾燥しているな…と感じたら一度、朝の洗顔を水だけ、あるいはぬるま湯だけに変えてみてください。

 

メイク汚れが付着していない朝の肌は本来、洗顔料なしの洗顔でも十分のはず。

 

洗顔後も慌てて化粧水をつける必要もなく、肌が落ち着いているのを実感できるはずです。

 

 

【体の中から保湿するために】

 

肌の乾燥は外側からのケアはもちろん、体の内側からのケアすることも大切です。

 

まずは充分な水分を補給することを心がけてみてください。

 

お茶やコーヒーなどカフェインの入った飲み物は利尿効果があり、体を内部から乾燥させてしまうことがあるため、飲みすぎは禁物。

 

体の中から保湿するためにミネラルウォーターをこまめに飲んだり、ハーブティーを飲むのがオススメです。

 

またヒアルロン酸やコラーゲンといった保湿成分を食事やサプリメントで摂るのもいいでしょう。

 

そしてもう一つ心がけて欲しいのが、きちんと汗をかくこと。

 

肌を保護している常在菌は汗や皮脂をえさにして活動しています。

 

スポーツが趣味で普段から汗をかくのが習慣になっているという人は、しっとりとしたきれいな肌をしていることが多いと思いませんか?

 

普段から体を動かす習慣がないという方は、是非、定期的に汗をかく機会を作ってみてください。

 

運動すれば、血行もよくなって体のすみずみまで栄養が行き届くようになり、顔色もアップ、肌そのものもきれいになります。




注目の人気記事@今、実力のある乾燥肌化粧品を実際使ってみた使用感レビュー↓↓