保湿化粧品の種類を教えて?種類別に詳しく紹介します!

みなさんは普段のスキンケアの際、どんなアイテムを使っていますか?
美白化粧品やさっぱり系の化粧品などいろいろな種類がありますが、
よく使われているのが「保湿化粧品」です。

 

保湿化粧品ですが、一口に保湿化粧品とは言っても保湿成分が含まれた洗顔料はもちろんのこと、
化粧水や乳液などいろいろな種類がありますよね。
では、それぞれの保湿化粧品がどういった役割や効果をもたらしてくれるのでしょうか?

 

 

 

■保湿洗顔料

 

通常の洗顔料というのは汚れをすっきりと落とす働きがありますが、
その強い洗浄力から洗顔後に肌がつっぱる、すぐにカサカサしてしまうという方も少なくありません。
そういった方のために洗い上がりもつっぱらず、
むしろしっとりとした肌触りにしてくれる洗顔料が保湿洗顔料です。
多くは植物由来の成分が含まれていたり、乾燥肌用に洗浄力を弱めてあったり、
また適度な油分が含まれているようなタイプもあります。

 

 

 

■保湿化粧水

 

保湿といえば化粧水をイメージする方も多いのではないでしょうか?
保湿タイプの化粧水は本当に水のようなサラサラとしたテクスチャーのものから、
とろっとした美容液のようなタイプまでさまざま。
保湿化粧水とは言っても、比較的リーズナブルな価格のものが非常に多いので、
学生さんや主婦の方でもたっぷりの化粧水をパシャパシャ使うことができるものが多くなっています。

 

基本的には化粧「水」ですから、
使ったあともクリームや乳液とは違ってベタつきが少ないタイプが多いようです。
しっかり化粧水を肌に押し込むようにしばらくパッティングすると、
肌が手のひらにぐいぐいと吸い付いてくるようになりますので、
肌の奥へ奥へと押し込むように使うと水分が肌に行き渡って効果的です。

 

 

 

■保湿乳液

 

乳液は多くの人に誤解されているのが「水分が蒸発しないようにフタをする役目」ということです。
その役目はクリームであって、乳液はその前段階でありクリームの成分を肌に浸透させやすくしたり、
肌を柔らかくしてくれたりという作用があります。

 

役割もテクスチャーも、クリームと化粧水の中間といったところでしょうか。
乳液は水分も油分も両方含まれていて、
水分の方が多いので肌にうるおいを与えてくれる効果もありますし、
あとの油分で肌を柔らかくしてくれたりします。
うまくクリームのベタベタ感があまり好きではないという方は、
乳液を多めにつけてからクリームをうっすらとつけるなど使い分けてみては。

 

 

 

■保湿クリーム

 

保湿化粧水や保湿乳液で肌にうるおいをしっかりと与えたら、
水分が蒸発していかないようにフタをするのがこのクリームです。
クリームによっては油分が非常に多く、しばらくの間顔がベタベタ・テカテカしているものもありますが、
使用感が苦手ということがなければそういったタイプの方がおすすめです。

 

また、保湿クリームは肌の奥まで成分が浸透しやすいのも嬉しいところ。
肌の弱い方は天然成分を使用しているものや、無香料・無着色のものなどを選んでみましょう。




注目の人気記事@今、実力のある乾燥肌化粧品を実際使ってみた使用感レビュー↓↓