乾燥肌、放っておくととっても危険!?【油分と水分の必要性】

女性ならば誰もが気になる、お肌の乾燥。

 

肌質というのはひとりひとり違って、たとえばテカテカと脂っぽい「脂性肌」や、

 

常に肌がカサカサしている「乾燥肌」などがありますよね。

 

冬などの空気が乾燥しやすいこの時期に多くの方が悩むのが、この乾燥肌です。

 

 

 

乾燥肌は、たとえば常に同じところがカサカサしていたり、

 

乾燥肌用化粧水を塗ったりしてもなかなかこのカサつきが解消されないという肌のことです。

 

ご存知の通り乾燥肌というのは肌の中の水分が少なくなっている状態ですから、

 

しっかりと水分補給をしてあげなければいけません。

 

 

 

でも、ベタベタでオイリーな脂性肌と違って乾燥肌は、

 

ニキビなんかもできにくいし…と安易な考えで、

 

お手入れもそこそこに乾燥肌を放っておいている方も少なくありません。

 

…実はこれがとっても危険なことなんです!

 

 

 

まず、肌は水分と油分がバランス良く存在することでしっとりすべすべの肌を作り出してくれます。

 

水分だけがたっぷりあっても次々に肌表面から蒸発してなくなってしまいますし、

 

逆に油分だけがたくさんあっても今度は肌がテカテカしてニキビのできやすい肌質になってしまいます。

 

この水分と油分とのバランスが崩れてしまい、水分が少なくなっている状態が乾燥肌です。

 

また、油分がたくさんある場合にはお肌の水分が蒸発しないよう、

 

肌表面をコーティングしてくれているのですが、

 

乾燥肌の方はこの油分も比較的少なくなっています。

 

 

 

つまり、肌を整える水分も油分のどちらもが足りない状態なのでお肌はスカスカ。

 

これはスポンジをイメージしてもらうとわかりやすいのですが、

 

水分をたっぷり吸収したスポンジはどっしり・しっとりしていますよね。

 

水分が肌の土台をしっかりと支えてくれているので、ちょっとしたダメージにも強いんです。

 

一方で水分がまったくないスポンジというのは、シワシワのゴワゴワ。

 

肌の中は水分がなく空洞だらけなので、

 

肌をしっかりと支えきれずにシワなどのもととなってしまうんです。
おすすめ化粧品>ディセンシアつつむ

 

 

ですから、この乾燥肌を放っておくことで肌はどんどん老化を進めてしまうというわけなんですね。

 

お肌の老化なんて、女性の一番の大敵と言っても過言ではありませんよね。

 

乾燥肌かも…と思っている方は、

 

乾燥しやすい冬はもちろんのこと一年を通してしっかりとケアをしておきましょう。

 

老化は一秒一秒確実に進んでいます。一度の保湿ケアで少しでも遅らせることができたら、

 

それを毎日行うことができたら…年齢を重ねたときの差は歴然です。

 

老化のスピードを遅らせるためにも、美しい肌をいつまでも保つためにも、

 

花にお水をあげるよう肌にもしっかりと水分を与えて育ててあげましょう。





注目の人気記事@今、実力のある乾燥肌化粧品を実際使ってみた使用感レビュー↓↓